読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元ディレクターが未経験でデザイナに転身したときにやったこと(後編)

こんばんは。ファミマのプレミアム肉まんの虜になりつつあるこの頃です。

今回も「元ディレクターが未経験でデザイナに転身したときにやったこと」をお伝えします。
(前回は身の上話になりすぎました...本題はここからです!)

「デザイン」のためにやったこと、
「コーディングや実装」のためにやったことで分けてご紹介します。
順番や内容はあくまでも個人的な感覚なので、
ひとつのモデルとして読んでいただければ幸いです。


《デザインのためにやったこと》

1. AdobeCCで、必要なツールをインストール

まずはデザインするための道具を準備しました。
photoshop , Illustratorはデザインする上で必須です!
(お好みでFireworksでしょうか)
(あとはアプリのプロトタイプを作る際にSketchなどでしょうか)


2. ツールを使えるようするための参考書籍を購入

photoshop, Illustratorの使い方を知らなかったので、それぞれ基礎的な本を購入しました。
Amazonのレビューよりも、実際に手にとってみて「自分で理解できそうか」を基準に。
以下の2冊で基本的な使い方とツールの特徴を学びました。
とりあえず応用はおいておき、"どこを触ればこれができる"という型を繰り返し。

photoshop

Illustrator


《最初の難関 〜ベジェ曲線〜》

ある程度、photoshop, Illustratorの使い方がわかってくると訪れる、
最初の難関"ベジェ曲線"

パスが思うようにうまくつなげられなかったり、綺麗に曲がらなかったり、
正直今も、練習の日々...。
苦手意識を持たずに、コツがつかめるようになるまでは、
ひたすら反復してやっていくしかないものですね。
ゲーム感覚でパスをつなげて形を作れるツールを見つけてからは
「楽しい」と思えるようになりました。これ考えた人すごいなぁ。感動!

あとは海外の素敵なデザインやアイコンをみつけたら、トレースしています。
トレースしてみると、どこにパスを打てば綺麗な曲線が描けるのかが少しずつ理解できるはず。

bezier.method.ac




《ここまでのまとめ:最初はツールの使い方から覚えた》

もしかしたら本当はデザインの理論から入るべきなのかもしれませんが、
ツールの使い方をなるべく早い段階で覚えて、少しでも自信をつける」ことを優先しました。
できることが増えると、それだけで次のモチベーションがぐっと上がった気がします。

3. デザインやレイアウトに関する本を読む

参考書は1冊あたりの値段が2000円〜3000円ほどなので、最初は出費が痛いです。
でも、学校に行って基礎を学んでいない方は、
「色の基礎」と「レイアウトの基礎」と「デザインの概念」だけでも読み込んでおくと、
のちのちの(自分を)助けることにつながります。

◆ウェブデザインを仕事にする
ウェブデザイナーってどんな仕事なの?」を説明してくれている指南書。
デザイナに求められていることや、制作フローについてまとめられています。
新人ディレクターの人もさらっと読んでおくと損はないはず。

ウェブデザインを仕事にする。 プロの考え方、ワークフロー、つくる楽しさ

ウェブデザインを仕事にする。 プロの考え方、ワークフロー、つくる楽しさ


◆ノンデザイナーズ・デザインブック
デザイナ以外の人にも読んでもらいたい、デザインをするときの基本原則を学べる本。
読む前と読んだ後で、すべてのものの見方や意識が変わりました。
「近接」「整列」「反復」「コントラスト」など、
デザインする際に使われる基本的な型を学ぶことができますし、とてもわかりやすい。

ノンデザイナーズ・デザインブック [フルカラー新装増補版]

ノンデザイナーズ・デザインブック [フルカラー新装増補版]


◆レイアウト、基本の「き」
レイアウトに関しては、グラフィックデザインが秀でていますよね。
雑誌にしてもポスターやチラシにしても、情報量の多い要素を綺麗にまとめているのを見ると胸がときめきます。
1冊でもグラフィックデザインのレイアウトに触れておけると、
webデザインにも応用できますし、雑誌のようなレイアウトを組むときにも参考になります。

レイアウト、基本の「き」

レイアウト、基本の「き」


◆UIデザインの教科書
UIの概念というよりは最近使われているナビゲーションなどの実例を挙げて、
どのように実装したらわかりやすいかを説明してくれている指南書でした。
普段何気なく使っているボタンやスクロールなどの動作を改めて考えるきっかけになりました。


◆すべての人に知っておいてほしい配色の基本原則
デザインするときに使う"色"の基本は学んでおかないといけないなと思い、
手にとりました。実例も多く載っているし、それぞれの色の持つイメージが
丁寧にまとめられていてわかりやすいです。


◆フラットデザイン基本のルール
リッチデザインから今流行りのフラットデザインに移り変わるまでの歴史や、
色の持つ意味などをアップルの実例などをとって的確にまとめられています。
この本を読んでから、リッチデザインに対する見方がガラリと変わりました。(よい意味で)


《実はとても大事な国語力》

私の尊敬する前職のデザイナさんが放った一言、
「(デザイナになるなら)国語の勉強をしたほうがいいよ」
当時の私はその意味がわからなかったのですが、今ようやく理解できました。

「かわいいデザイン」のオーダーがあった時、
「どうかわいいのか」をヒアリングしたり、
形に起こしたりするときには「伝えるための言葉」が必要。
相手にわかりやすく伝え、自分自身も理解を深めるためには、
「書いたり」「聞いたり」「まとめたり」するための力がすごく必要ということに気づきました。

その方がオススメされていた本が、
◆スティーブンキングの「書くことについて」
また折を見て読みたいところ。

書くことについて (小学館文庫)

書くことについて (小学館文庫)

本当はもっともっと読み込むべきだろうと思うのですが、
とりあえず入門として、最低限読んでおくと良さそうな本をまとめてみました。


《コーディングについて》

私の場合は「基本的なコーディングを身につける」という意識でやっているので、
完全にフロントエンド側(HTML,CSS,JSなどのサイトを表示させるための実装)に
振り切りたい方に関してはあまり参考にならないかもしれません...!


1. やっぱり最初はドットインストールから

動画でわかりやすく説明してくれるドットインストールは、
ビギナーにとっての神的存在ですね...!
まずは「ホームページを作れるようになろう」の
HTML、CSSの基礎を3周ぐらいすると理解が深まります。

2. 実際に組んでみる

基本的なルールを覚えたら、手書きでワイヤーを書いてみて、
その通りにマークアップ&コーディングしてみるのがオススメ。
最初はうまく指定ができなかったり、floatなどのボックス構造でつまづくと思いますが、
組んでみることで「何がわからないのか」を見つけられるはず...!

3. いいなと思ったサイトのソースコードを読む

ある程度慣れてきたら、好きなサイトのソースコードを読んだり
ブラウザの開発者ツールCSSをチェックしたりすると、楽しいです。
完全に趣味的な目線でみてしまいますが...CSSの指定の仕方を養うという意味でも
良いのかなーと!

4. わからないところは参考書でカバー

HTML/CSSに関してはいろいろなプロパティや値があるので、
わからないところが出たタイミングで調べられる事典があると便利。
あとはドットインストールだけではわからない細かい部分を反復するための
基礎的な本があると最強かもしれません。

HTML5,CSS3全事典

できるポケット HTML5&CSS3/2.1全事典

できるポケット HTML5&CSS3/2.1全事典


◆よくわかるHTML5&CSS3の教科書

よくわかるHTML5+CSS3の教科書【第2版】

よくわかるHTML5+CSS3の教科書【第2版】


web上にもいろいろなリファレンスがありますので
必要に応じて調べたりするといいですね。

5. コーディングに詳しい友だちにレビューしてもらう
実務に入る前に組んだ内容を、コーディングに強い友だちに見てもらうと
自分では気がつかなかった部分をチェックしてもらえるはず。
すでに実務に入っている方は臆さずに、先輩にどんどん聞いていきましょう〜!


《本当に未経験でも転身できるのか》

いきなり正社員でいいよ、と言ってくれるところは少ないのが現状。
派遣だったり、アルバイトから入ったとしても、やっている内容は正社員の人と同じだったりもします。
最初は簡単な業務から任されていきますし、いきなり正社員じゃないというのは
逆にプレッシャーがかからないという捉え方もできますね。
関わった業務すべて吸収して自分のものにするぞ!と意気込みつつ、
いつまでに次の場所で働くという目標を立てて、作品を作ってつき進めれば、
最初の入り口(雇用形態)は問わないほうが良いのかなという見解です。

そして、デザイナというとセンスがないとできない仕事だと思われがちなのですが、
"何を強みにするか"で変わってくるのかなという印象です。

見た目のグラフィックを作り込むビジュアルデザイナがいれば、
ユーザー心理を深くついたUIやUXに特化したUIデザイナもいますし、
数字もチェックしてディレクションもできるマルチなデザイナもいるはず。

私自身はカスタマーサポート、ディレクターを経てデザイナになったので、
「いろんな職種の人の気持ちがわかる」というところは強みになっていますし、
いくつかの職種を経験したからこそオールマイティに動けるなと思っています。
(完全にデザインしかやりたくない!という姿勢じゃなくて、
必要であれば企画も作るし、数字もみるし、
サポートだってやるよ、という構えでいられるということ。)

また、いきなり、3年以上デザインやってきた人と
すぐに肩を並べて同じようなクオリティのものが作れるとは思っていません。
諦めではなく、同じものが作れなくてつらい...というわけでもなく、
経験値をあげることに専念しながらも、「いまの自分ができること」を続けていくぞという気持ちが強いです。
大事なのは続けることなので、焦らず腰を据えて自分のデザインが積み上げていきたい気持ち。


《いろいろ書いたけれど、最後に伝えたいこと...》

いろいろ書きましたが、今年を振り返って思ったこと。
「実践あるのみ!」

家でデザインの勉強をし続けても、実践にかなうものはありませんでした。
業務でデザインを頼まれた時、自分では絶対作らないようなオーダーがやってきたりするので、
作る範囲を広げていけるという楽しさと(うまく応えられないときの苦しさ)があり、
それはやはり「仕事」でしか経験することができないものだなと感じました。

ある程度、基礎ができた!という段階までもっていけたら、
未経験でも雇ってくれる場所に飛び込んだほうが絶対いいです。
熱意をかってくれる場所は、絶対にあるから。

そして最初は苦しいかもしれませんが、やってきたことは全部力になっています。
きっと大丈夫。と言い聞かせて...!最初はみんな未経験から入るのだから。

新しいことにチャレンジしようとする、すべての人にエールを送りたい。
そんな気持ちで締めくくりたいと思います。